2020年06月30日

私も“ベツノ”マスクに挑戦♪

マスク生活にはもう慣れましたか?


すれ違う人がいるかどうかなど

臨機応変に判断しつつ着脱して

できるだけ快適に過ごしたいですね。


そして、1世帯2枚配布された

例のマスク


もともと小さい上に洗うと縮む

という難点があったからこそ


さまざまな工夫やアイデアが

生まれました


ペルシャ絨毯は織る時に必ず1カ所だけ

わざと模様の欠陥を作るように


日本のどこかのお寺でも屋根瓦で

同じようことをするのだそうです。


何を伝えようとしているのか

想像すると味わい深いものがあります。


欠陥が目に入れば不満や文句が

生じてくるのも仕方のないことです


いったん立ち止まり、まずは許容し、

代案の提案や、自らが工夫をすることで

むしろ一歩進化することができるように

できるのは素晴らしいことで


私も見習いたいと思いました。


マスクに話を戻すと


個人的には化学繊維が苦手なので

耳まで不織布のタイプだと

耳がかゆくなりました。


やはり天然素材は肌に優しく

息もしやすそうで


マイクロプラスチックごみの元に

ならないのも精神衛生上、良い。


そして、例のマスクのリメイク情報を

知って


手に入らなかったことを想えば

コットン100%であるガーゼは

素材として貴重と読んで


なるほどそうかと有難く感じ

私も例のマスクを“ベツノ”マスクに

作り変えてみることにしました。


ちなみに私のリメイク3大条件は


@ ミシン無しでキレイにできる

  (縫い目が見えない)


A メガネのレンズが曇らないよう

  ノーズワイヤーを仕込める


B 作り方が難しくなさそう


ということで最終的に

参考にさせていただいた動画が

こちら♪


波縫いできればOK

とっても分かりやすく

作りやすくて良かったです。


最初は大判のハンカチで試作。


フィルターポケットがある

マスクカバータイプになるので

例のマスクを中に入れて使えます。


耳にかけるゴムは飛行機でもらった

アイマスクのゴムを切って再利用。


上手く写真が撮れなかったので

残念ながらお見せできません(涙)


そして、次は本番のつもりで

例のマスクから採取したゴムと

二重ガーゼのハンカチで作ってみました。


マスク.jpg


こちらはすでにガーゼが

4重ということになるため


さすがに例のマスクを入れると

分厚すぎです。


例のマスクはほどいてみたところ

そのままで15枚重ねでした。


中に入れるフィルターとして

ティッシュに精油を垂らし

“ベツノ”効果を狙ってみました。


ご参考までにアロマテラピー情報も

お伝えしますと


物忘れが気になったら試すと良いと

『たけしのみんなの家庭の医学』

6年程前に紹介された組み合わせが

あります。


朝用:レモン1滴+ローズマリー2

夜用:スイートオレンジ1滴+ラベンダー2

2時間ずつ


当時、話にやたらと「あれ」や「それ」が

入る母に教えたら注文してと頼まれて


使ってもらうと、「あれ」や「それ」と

言わなくなりました。


その1-2年後また「あれ」「それ」と言うので

「使ってる?」と聞くと使ってないと…。


この差で「おおー!」と感動して

私もようやく1年程前に自分用に

精油を揃えていたのです。


リフレッシュ感(朝用)、大いに有り!で

他の精油も試してみたくなり

マスク生活の楽しみが増えました。


もちろん、これも個人差があります。


特に高血圧など疾患のある人は

かかりつけ医に相談してくださいね。


そして、つい先日見た『サワコの朝』では


山中教授が話す日本の感染率の低さと

マスク文化の関係が印象に残りました。


マスクの役目は

自分の感染予防というよりも


自分が感染していると仮定した場合

他者への飛沫感染リスク軽減で

一役を担うものなのだと。


もちろん正しい恐れ、正しい予防は

大切ですが


恐怖や畏縮の傾向が強くなり過ぎれば

免疫力の観点からは逆効果。


行動の動機を恐れとするよりも

自分も周りも同様に大切にしようとする

思いやり、愛に基づく判断が

ベースになれば


一人一人が放出するエネルギーの質は

異なってくることしょう。


こうした日常的なケースを

ひとつ取ってみても


霊性を高めるために学んだことを

ありふれた生活シーンに

落とし込んで生きる段階にいるのだと

感じます。


青麻.jpg

夏用には涼しそうなリネン生地で作りたい♫






アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
open:       10:00-19:00 月曜定休(祝日は営業)
posted by アーユルシンフォニー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187652253

この記事へのトラックバック