2020年03月15日

春のむくみケア

少しずつ暖かくなってきましたが

まだまだ寒い日もあり


気温もお天気も

そして私たちも

まだしばらくは

調整期間が続きそうです。


外出が制限される分

自分を見つめたり

整えたりしながら


今を大切に

生きていきたいものですね。


さて今日は

春に気になりやすいむくみと

そのケアについて

お話ししたいと思います。


むくみは

飲食物から摂取した水分が

上手く代謝されずに


体内で余分に溜まっている状態。


ドーシャの観点からは

水元素の停滞ということで


カパが増加しています。


これにより

身体が冷えたり

重くなったり

不活発になったりします。


むくみの原因は

冷えのほか

立ちっぱなしや座りっぱなしで

血液やリンパ液の流れが滞っている、


食べすぎ、飲みすぎ、便秘で

代謝が悪いなどが考えられます。


また顔のむくみは腎臓に

下半身のむくみは心臓に

関係すると言われます。


腎臓は血液の不純物をろ過し

心臓は血液循環させるポンプとして

働く臓器ですね。


私たちが塩分や糖分

アルコールを摂り過ぎると


それらの濃度を薄めるために

身体は水分を保持しようとします。


身体からすれば、むくむことで

腎臓や心臓の負担を

減らそうとしているわけです。


では、なぜ私たちは

甘いものや塩辛いも

アルコールを

過剰に欲しがってしまうのでしょう?


甘味は身体を緩める働きがあるため

頑張りすぎて休みたい時に

欲しくなる気持ちの表れ、


塩味は身体を引き締めることから

もっと頑張らなきゃという時に

摂りたくなる気持ちの表れです。


食べたい味からも

自分の状態に気づいて


無理しないよう

自分の選択を

調節していけるといいですね。


問題解決の基本は引き算。


つまり

原因を取り除くことから始めます。


良いことだけを10個するより

原因となる行動を

たった1個でもやめた方が

遥かに意味があったりします。


例えば・・・


塩分や糖分、アルコールを控える


運動不足、冷えを解消する


働き過ぎやストレスを緩和する


どれも消化や代謝を妨げますし

メタボの原因とも重なります


原因の引き算を始めたら

ご褒美となるプラスも取り入れてみましょう。


例えば・・・


絹の手袋で乾布摩擦(ガルシャナ)


   毛の流れに逆らってシャカシャカと

   手早く肌表面を撫でていきます。


  たっぷりのアミノ酸を含む絹は

  肌を滑らかな美肌へと整えてくれるでしょう。


   また、毛細血管の刺激により血流アップ。


  アビヤンガ前に行なうことで

  ハーブオイルが肌に吸収されやすくなり

   浄化が促進されます。


天然塩でのスクラブ


    手や身体をお湯で濡らして塩を塗り

  石鹸で洗いながら擦り込んでいきます。

   

   漬物と同じようにキュッと引き締まり

   浄化にもなります。


   傷がある時は沁みると痛いですから

  行なわないでくださいね。


湯船にゆっくり浸って入浴


   こちらも塩を入れれば

    より温まって発汗も促されます。


あずき茶を飲む


   奇しくも腎臓に似た形のあずきは

  腎臓に良く利尿作用に優れています。

 

   ◆ 昆布10x5cm2-3cm角に切ったもの

  

    ◆ あずき1カップ


   ◆ 水5カップ


    を火にかけて沸騰後弱火で40煮て

    漉します。


   1カップずつ日に2-3飲みます。


  他にも、プルーン、アボカド、パセリ

    夏はキュウリやスイカも

  利尿作用を良くする食べものです


白湯を少しずつ頻繁に飲む


根菜や温野菜を摂る


ストレッチ、ヨガ、ウォーキングなど


   自分がリラックスして楽しめるものを

    選ぶことが大切です


  第二の心臓とも言われる

  ふくらはぎのマッサージや

  青竹踏みも

  心臓のポンプ機能の助けになるでしょう。


  ふくらはぎは膝を立てて寝ころんで

  一方の膝の上に他方のふくらはぎを

  乗せて押し合うようにすれば

  楽に気持ちよくセルフ・マッサージできます。


   便秘対策にもかなり有効です。


    足裏では、かかとと土踏まずの境目辺りの

  土踏まず寄りのエリアが小腸の反射区に

  なりますので、こちらも拳などの関節で

  グイグイと押すと


  コロコロうん〇がつるんとバナナうん〇に

  なったと喜んでもらえています。


春のむくみ対策で冬場に溜まった水分を

スッキリ代謝させ


軽やかさや快適さを

自分にプレゼントできるといいですね


体操.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
open:       10:00-19:00 月曜定休(祝日は営業)
posted by アーユルシンフォニー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187275053

この記事へのトラックバック