2020年02月22日

私も花粉症でした

春=花粉症とも

言えるほど

多くの人にとって

悩ましい季節。


皆さんは

大丈夫でしょうか?


私は「あれ?花粉症かも」と

思い始めたのが2010年。


残念ながら

翌年も気のせいではなく


身をもって

花粉症のつらさを

知りました。


が!


その年インドから

日本にいらっしゃった

アーユルヴェーダ医師に


「試すといいよ〜」と

聞いた方法を試したところ


次の年には

症状が軽くなり


それ以降は

毎年試す程でもなくなり


今では

たまにくしゃみが出たり

眼が痒いこともあるかな位に


花粉が飛んでいるのが

分かる程度に

なっています。


個人的には

対処法は

完全に症状をなくすより


社会生活に

支障を来たさない程度の

マイルドなものが

良いと思っています。


そんな話はまたいずれ

・・・ということで


今日は花粉症でお悩みの方に

試してみていただきたい方法を

お伝えしたいと思います。


用意するもの


ターメリック(秋ウコン)粉末50g

フライパン、木べら、大皿、ビン


作り方


1. フライパンに

    ターメリックを入れて

    弱火にかけ


  木べらで混ぜながら

    乾煎りします。


2. ターメリックが

    黄色から

    ややオレンジ色に

  変化したら


    火を止め

    すぐに大皿に移して

    冷まします。


    余熱による変色を

    防止するためです。


3. 冷めたらビンに移して

    フタをして保存します。


摂り方


一日2回

朝晩の食後に

ティースプーン1/4杯を


温かいミルクか

豆乳か

お湯と

一緒に飲みます。


年に一度

いつでも良いので

50グラムを

3-5週間程度かけて

飲んでみて

翌シーズンの違いを

感じてみてください。


ちなみに

ターメリックは

ショウガ科の植物で


カレーを

黄色くしている

スパイスですね。


苦味と辛味が

強いのが特徴です。


和名をウコンと

言いますが


ウコンには

春ウコンと

秋ウコンがあり


この場合は

クルクミンと呼ばれる

ポリフェノールを

より多く含む

秋ウコンを選びます。


インド産のターメリックは

通常、秋ウコンです。


入手方法は


スーパーの

スパイス・コーナーに

よくある

小ビン入りのものでも

良いですし



インターネットの

インド食材店で

割安に買うのも

良いでしょう。



秋ウコンの方が

秋だけに


乾燥した性質や

軽い性質が

備わっていますから


春や

カパ(水+地)や

花粉症に

特徴的な


湿って重たい性質を

緩和してくれるのでしょう。


カレー以外にも

ターメリックは

二日酔い緩和用の

ドリンク剤などにも

含まれていますね。


アルコール代謝や

肝機能改善にも

役立つからなのですが


前述の

インド人医師からは


花粉症の他

インフルエンザや

風邪で


呼吸器に

炎症が生じている時にも


暖かいミルクと一緒に

ターメリックを摂ると良いと

教えていただきました。


他にも

花粉症のある人に

薦められている

インド由来の方法には


塩入りのお湯による

鼻うがいジャラネティや


鼻にオイルを差す

経鼻法ナスヤがあります。


興味がある方には

講義もいたしますので

気軽にお問い合わせください。


また予防策として

摂るのを特に控えたい食品は


チーズやバター

アイスクリーム

生クリームといった


乳製品。


すべてカパ(水+地)を

増やす食品でもあります。


そして、

春に度々チェックしたいのが

空腹感。


冬と比べてみてください。


あなたの空腹感は

最近どんな感じでしょうか?


お腹が空いていないのに

何となく食べていたり


お腹が空いていない時や

満腹のはずなのに

食べたくなったり

していませんか?


これは春だから

カパの要素が増えてきているから

起こることなのです。


ここは自然に任せず

ちょっと意識的に

なりたいところなのです。


花粉症に限らず


この時期に

眠気や重たさを

感じやすいなら


食事は

空腹になってから

摂ることを

心掛けましょう。


空腹は

春の良薬。


週に一度のプチ断食

特にお薦めです。


内臓や器官

そして思考や感情も


渋滞・停滞しやすい

季節ですから


空っぽの心地良さを

意識的に感じる機会を

持てば


春が

軽やかに

エネルギッシュに

過ごせる季節と

なることでしょう。

ウコン.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
open:       10:00-19:00 月曜定休(祝日は営業)
posted by アーユルシンフォニー at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187189439

この記事へのトラックバック