2019年10月18日

マヤ暦 〜 『黄色い人』の13日間

週末の台風、

皆さんの地域は

大丈夫でしたでしょうか?


被害を受けた地域や

被災した方々の生活が

一日も早く再建されますよう

心よりお祈り申し上げます。


今日は古代マヤの暦では

『黄色い人』の13日間の7日目

ちょうど折り返し地点です。


良くも悪くも

『人間』であることを

経験する13日間。


台風だけでなく


バレーボールやラグビーの

ワールドカップもありましたし


個人的には

能楽堂での演劇鑑賞


どれも人として生きることを

さまざまに感じ入ることとなった

濃い7日間となっています。


マヤ暦の中で


『人間』という存在は

完璧ではないが


宇宙や高次元の意志に

身をゆだねることで


自らの意識を

具現化していくことができる

ユニークで自由な存在と

認識されています。


自分一人の力では

完璧にはなれないし

なる必要もないのですね。


やることをやって

あとはゆだねる。


表面的に

起こっている事象に

良し悪しはなく


何らかの意識が

具現化されようとしている

プロセスにあることを

まず意識化していくことが


どんな状況が起ころうとも

私たちが人として

生きていくことに

役立つのではないかと

改めて思います。


今、そしてこれから

自分がどんな意識を持つか


これも私たち一人ひとりに

問われています。


この13日間は

私たちの意識を

クリアにするにも

最適ですから


自分自身の意識状態を

見つめ直してみることを

お薦めします。


意識をクリアにするには

まず


人として

不完全であるがゆえに抱える

苦しみ

困難さ

執着

ネガティブな思考

思い込みなどを


認識して浄化する

必要があります。


特にこの期間は

受け入れることや

手放すことが

容易なのも有難いこと。


13日間という期間は

山の麓から登って

また下りていく

登山にも喩えられます。


頂上に辿り着いた7日目は

登ってきた過去と

下りていく未来が

同時に見渡せる地点でも

あります。


最も高い所から

眼下に広がる世界を

俯瞰することができます。


ちなみに

マヤの暦で

今日は『鏡』の日。


『人間』というエネルギーを

潜在的に受けながら


顕在意識では

『鏡』のエネルギーを

受け取りやすい状態です。


宇宙から降り注がれる

『鏡』のエネルギーにより


自分という鏡を通して


世界を

どう映し出しているか


対人関係を

どう捉えているかを


クリアに

認識することができます。


あなたにとって

世界はどんな所でしょうか?


日常で人との関わりは

上手くいっていますか?


自分の心が映し出すものは

手放した方が良いものでしょうか?


具現化したい意識に

つながるようなものでしょうか?


そして、明日からの6日間は

クリアにした思いを胸に

山を下ります。


周囲や世界と

より良く調和しながら

自分らしくあることを

意識すれば


自分の思い描く未来を

より良く実現できるように

なるでしょう。


そして、『黄色い人』の13日間の

最後は『種』の日です。


ちなみに10月24日ですね。


『人』として生きて

どんな『種』を蒔いて

育てていこうとするのか

花を開かせ、実をつけたいのか

クリアに意識できれば


『黄色い人』の13日間で

意識は確実に

進化したことになります。


アーユルシンフォニーでは

アーユルヴェーダの心身浄化療法により

手放しや浄化を


ビーマーライトペンにより

マヤの暦で認識される

20の紋章(人間、鏡、種など)に関わる

エネルギーの活性化を


お手伝いしています。


宇宙の流れに乗って

あなたの素晴らしさが

ますます発揮されますように。


人 鏡.jpg


アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー

横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp

posted by アーユルシンフォニー at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186697229

この記事へのトラックバック