2019年09月19日

より深いレベルでの若返りB

秋分が近づき、

昼間の暑さも和らいで

心地良い季節になってきましたね。


今日は

「より深いレベルでの若返り」の

3回目。


いよいよ最終回です。


身体的レベルでの浄化により

細胞を再生させることから始まる

アーユルヴェーダの

不老長寿法ラサーヤナ。


より深いレベルからの

若返りには


プラーナと呼ばれる

「気」を活性化し


オージャスと呼ばれる

「活力」を増強し


そして、これからお話する

テージャスと呼ばれる

「光」を強化しながら


これら3つの

より微細な生命エネルギーの

バランスを整えることが

カギとなります。


テージャスは

新陳代謝に関わります。


3つのドーシャのうちでは

熱変換・合成のエネルギーである

ピッタ(火+水)に対応します。


身体レベルにおいては


消化の火アグニにより

消化・吸収した食物を


栄養として体内に供給し

身体組織へと変換させます。


精神レベルでは

吸収した知識や経験を

糧にして


実践的に応用できる

知恵へと発展させます。


判断力や決断力は

テージャスが放つ

光と言えます。


不適切な食習慣や

生活習慣、

医薬品の多用は

テージャスのバランスを

崩します。


逆に適切な食事、

運動などの生活習慣は


プラーナ

オージャス

テージャスを

バランスさせ


身体的な若さと

健康的な長寿を

もたらすと言われています。


また精神面の若返りには

心を静かに

落ち着かせることが

とても重要です。


細胞の消耗を抑え、

回復させることにも

繋がります。


ヨガ行者のように

余計な情報やストレスに

さらされることなく


山にこもって

神や宇宙といった高次元に

つながり続けるのも

ひとつの方法ですが、


私たち現代人には

現実的とは言えませんね。


実用的な選択肢としては


自然環境での

休暇やリトリート


瞑想やヨガ


アロマ


ヒーリングミュージック


週末はメディアなどの情報を

一切断ち切る

「メディア断食」も

ひとつの方法となるでしょう。


個人的には

「歩く」ことが

お薦めです。


腹が立ったら

焦ったら

やりきれなくなったら

モヤモヤが溜まってきたら


アスファルトや

コンクリートを離れて


できるだけ土が

踏みしめられるような

場所を目指して。


歩いているうちに

自然に

ネガティブな気持ちは

晴れていきますし


気持ちが落ち着くだけでなく

良い気づきや発想が

浮かんだりもし

体への活力も取り戻せるでしょう。


つまり、

プラーナが整い

オージャスを取り戻し

テージャスも発揮される

良薬となるわけです。


体を使う分、


余計な頭を使わずに


内側で起こる感覚や

思考や感情を


より冷静に客観的に

「目撃」したり

「観察」したりするのが

容易になるのです。


自分の心や出来事と

健全な距離を取るコツも

掴みやすくなります。


そうすることで

赤くメラメラ燃える

内なる炎に翻弄されるのではなく


青くクールに燃える炎によって

余計なカルマ(業/ごう)を残さず

燃やし切り


自らの経験を

力に変えて

おさめていくことが

できるでしょう。


物事への対処・対応も

必要なことですが、


それとは別に

内側の平安を築く訓練のために

出来事が起こっているのだと

いった視点を持つことで


より豊かな人生が

もたらされるのではないでしょうか。


私たちが自分自身の内なる平和を

意識的かつ自発的に

築いていくようになれば、


外界での不要な争いや

批判やレッテル付けなど

直接的・間接的な

暴力的言動が減り


自然に若さも健康も

幸せも豊かさも

愛も調和も

好循環のスパイラルで

もたらされていくものと

思われます。


青い花.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー

横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
posted by アーユルシンフォニー at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186580167

この記事へのトラックバック