2019年03月07日

季節の対策〜春はカパ・前編〜

月に入り、冬の寒さや乾燥も和らいで

温かい日も多くなってきました。


春の明るさや陽気を感じて

気持ちが軽やかになってくる一方、

春特有の症状も出やすくなっています。


冷えやむくみ

体や頭の重さ

花粉症はありませんか。


アーユルヴェーダでは、

体質や性質を把握するために

エネルギーを3種類に分けて捉える

「ドーシャ」という概念があります。


人や自然界のドーシャの状態を把握して

バランスを調節することで

不調を改善したり

病気を予防したりするのです。


3種類のエネルギーは

「ヴァータ」

「ピッタ」

「カパ」

と呼ばれます。


物事を大きく3つに分けると

シンプルに比較したり

捉えやすくなったりしますよね。


たとえば、サイズの大・中・小

時間帯の朝・昼・晩

年齢層では子供・大人・老人とか

輪廻のサイクルは創造・維持・破壊とか。


すべての色は3原色からできていますし

3原色から無限に色を生み出せるわけです。


ドーシャを3原色に例えるなら、

ヴァータが青

ピッタは赤

カパは黄色といったところでしょうか。


そして、この3ドーシャを生み出す

材料となっているのが

「5元素」と呼ばれる構成要素です。


古代インドでは

この世に存在する全てのものは

5つの元素に分けられると認識していました。


つまり、私たち人間という生命体も

五元素でできているということです。


これら5つの元素の「質」を知ることで、

エネルギーであるドーシャを理解し


過剰になったエネルギーを減らしたり

逆のエネルギーを増やしたりして

心身の健康状態を調整してきたわけです。


5元素は重いものから順に

「地」「水」「火」「風」「空」。


(「ち」「すい」「か」「ふう」「くう」

と読みます。)


青いヴァータのエネルギーの材料は

「空」と「風」。


ヴァタヴァタと(ダジャレです)

風のようなヴァータは

「動きのエネルギー」として働きます。


「風(気体)」や「空(空間)」には、

「冷たい」「軽い」「速い」「乾いた」

といった特徴があります。


ヴァータが過剰に増えて調子が崩れた時には

「風」や「空」の質である冷たさを温めたり

軽く速くなっている動きを

ゆっくり休ませて落ち着かせたり

乾燥を潤したりするわけです。


赤いピッタは

「火(熱)」と「水(液体)」で

できています。


ピッと火がついて

気持ちや言動まで燃えやすいピッタは

「熱のエネルギー」を司ります。



特徴は、「熱い」「速い」「鋭い」

「なめらか」など。


過剰なピッタは冷やしたり、

のんびりゆっくり休んだりすることで

緩和させます。


黄色いカパは

「水(液体)」と「地(固体)」から

できています。


色はあくまでもたとえです。

黄色い陽だまりをイメージ…。


動物のカバのように

のんびりどっしりとした

エネルギーを蓄えたカパは


「結合のエネルギー」が旺盛で


「冷たい」「重い」「遅い」

「しっとり」「軟らか」「安定」

といった特徴があります。


カパが増えすぎたら、

温めたり、

動きを増やしたり、

マンネリ化したパターンを

変えたりします。


私たちは誰しも5元素を全て持ち、

3つのドーシャも全て持ち合わせています。


ただ人によって比率が異なりますので、

タイプが分かれてくるのです。


どれが多いと良いとか

少ないと悪いというものではありません。


(後半へ続く)



マーガレット.jpg







アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー

横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
posted by アーユルシンフォニー at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185673845

この記事へのトラックバック