2020年08月04日

空っぽのススメ

梅雨、やっぱり明けましたね。


夏らしい夏も始まってみれば

良いものです。


セミの鳴き声

そよぐ風…


土用の二の丑の前日に

どうしても

ウナギが食べたくなり


フライングで

いただきました。


内なる声に従って

大正解のパワーチャージ。


食べ物は

擦り切れた肉体を補う分だけ

食べるというのを

実感した思いでした。


今年の夏は

帰省しませんが


ニュースや情報から

離れてみれば


子どもの頃と

何ら変わらない

平和な夏が


今ここにもあるのを

感じます。


幸せの尺度は

人それぞれですが


私自身は

ステイ・ホームにも

慣れてしまって


のどかに

ただのんびりしているだけで

とっても幸せです。


最近読んだ本に

面白い瞑想法(?)が

ありました。


瞑想というよりも

イマジネーションを

遊ぶといった感じ。


だけど、やってみると

これがスゴイ!


前置きが長くなりましたが


「自分が存在しない!」を

イメージするという方法です。


今ここに


自分が存在しない


誰の気配もない


ガランとした部屋、


留守の部屋を

想像し、瞑想します。


次に自分も


今いる部屋も


何も存在しない


宇宙空間へと


意識を広げてみます。


こんなにも簡単に

「空(くう)」に

なれるなんて


お得(?)です。


つい先日

調べものをしていたら

たまたま出てきた言葉。


宇宙に繋がっていると

事故とか悪いことが

起こらない、

避けられるんですって、と。


そんなことを書いたこと自体

忘れていましたが


確かに今もそうだと

思っています。


宇宙という安心の源。


自分を空にすれば

即、宇宙。


ヨガの元々の意味は

「繋げる」「繋がる」


空っぽになれば

即、繋がれます。


そして、

その後は

さらにさらに楽しく

面白くなります。


私たちの心は

魂と、その源と、調和する時

歓喜で満たされるように

できていると言われています。


こんな制限のある

ライフスタイルだからこそ


無自覚にさらされ続けてきた

刺激から距離を取りやすく

なっている時だからこそ


実は空になることや

宇宙との調和も

体験しやすくなっていると

思います。


内から湧き出てくるもの

その実践


その先も果てしなく

続いていきますが


ゆっくり気長に

前へと進むことで

道は開けていくのでしょう。


クマノミ.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
open:       10:00-19:00 月曜定休(祝日は営業)
posted by アーユルシンフォニー at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記