2020年07月23日

ストレスを溜めにくい人

今年の梅雨は長引きそうですが、

元気にお過ごしでしょうか?



さて、さっそく今日の本題に・・・。


過度なストレスに耐え続けることは

心にも体にも害が及びますが


適度なストレスは

私たちの成長にむしろ必要と

言われています。


ストレスと上手につき合いながら

成長や進化の糧にできるよう、


ストレスを溜めにくい人が持つ

5つの特徴について

お話していきたいと思います。


1)    自分に向き合うゆとりをもつ


私たちは競争や大量消費を

当たり前とする社会を生きてきた結果


スケジュール帳を予定でいっぱいにしたり


限られた時間にあれもこれもと

多くの物事を詰め込んだりしないと


何だか人生が充実していない気がする

といった生き方をしてきました。


また、決められてもいないデッドラインを

自分に課して、それに追われてキリキリしたり


何でも速くできるのが良いと考えて

せっかちになったり焦ったり。


すると、じっくり取り組んだり

ゆっくり機が熟すのを待ったりすることが

苦手になったりもするものです。


ストレスを溜めにくい人は

自分と向き合う時間や空間を確保して


物事をじっくりと考えたり

アイデアを巡らせたりして

あれこれと試してみることを楽しみます。


人生には時間がたっぷりあると

考えているのです。


2)   量よりクオリティー、

そのあり方を大切にする


お金や成績など、私たちの周りには

数字で評価することで溢れています。


結果や目標として分かりやすいものが

好まれるからですね。


ですが、裏を返せば、そういったことを

達成できなければ


そこに至る行動やプロセスを容易に

否定する材料にもなります。


ストレスを溜めにくい人は

量よりも質、クオリティー重視です。


ひとつの物差しではなく、

多種多様に変幻自在に

あり方を工夫していきますから


成長にも終わりがありません。


3)   あるがままの自分にOKを出す


技術の進歩を極めようとする現代社会で

私たちは周りから自分がどう見えるか

どう見せるかを気にして


多くのエネルギーを費やす余りに

自分を見失う落とし穴に

気づかないケースが増えています。


私たちの心は繊細で影響を受けやすいため

自分を守ろうとするからこそ


自分も他人もジャッジして

内面の不安を隠して

表面を取り繕おうとするのです。


ストレスを溜めにくい人は

今あるがままの自分を良しとして

どんな自分も認めます。


自分に対する受容性が高くなると

周囲に対しても受容性が高まって

軋轢を生まないため、


あるがままで良しとする平和が

その人を中心に拡がっていくのです。


4)   マイペースである


競争心や虚栄心といったものが強いと

比較の対象となる人や周囲の状況によって

自分のペースを変化させることでしょう。


『ウサギとカメ』の物語で言えば

ウサギさんタイプですね。


ストレスを溜めにくい人は

自分に心地よいペースを大事にし


無理せず、一歩一歩着実に

歩んでいくことができます。


マイペースを選ぶことは

自分の努力の度合いに納得しての

判断ですから


後からついてくる結果の良し悪しに

捉われることもありません。


また、結果に捉われることは

それが良い結果でも悪い結果でも

引きずれば執着を生み出すもの。


今をマイペースに生きることに

注力すればシンプルに生きられます。


シンプルは最強です。


5)   ユーモアがある


何かを深刻に捉えるのは

完璧を求めすぎる結果とも言えます。


ストレス過多に陥ると

深刻さは隠れた攻撃性や敵意を生み

怒りとなって表れることもあるでしょう。


ストレスを溜めにくい人は

物事を大らかに見て笑い飛ばせる

ユーモアを持ち合わせています。


細かいことに目くじらを立てず

大目に見てウィット溢れる解決策を

提案できるでしょう。


以上、ストレスを溜めにくい人の

5つの特徴でした。


ストレスは完全に避けられるものでは

ありません。


ストレスを溜めにくい人の特徴を参考に

上手にストレスを活かしながら

成長へと繋げていけたらいいですね。


カタツムリ.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
open:       10:00-19:00 月曜定休(祝日は営業)
posted by アーユルシンフォニー at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記