2020年02月08日

頭部の施術を受ける方へ

ここのところ

空気がキーンと冷えて

冬らしい日が

続いていますね。


空気が冷たいのって

寒いのとは

ちょっと違って

気持ちもシャッキリ


顔に触れる空気を

気持ち良く感じると


外を歩くのも

何だか楽しくなります。


ですが!


こうした冬場の空気が

冷たい日や


風が強い日に


アーユルヴェーダの施術を

受ける場合


是非とも

注意していただきたいことが

あります。


それは

お帽子を用意していただいて


お帰りの際には

かぶって帰ってくださいね


ということ。


アーユルヴェーダの

浄化療法の中でも


シロダーラ

(額にハーブオイルを垂らす

頭部の浄化療法)や


シロビヤンガ

(頭皮への基本トリートメント)


といったメニューを受けると


頭部が敏感になりやすく


冬場の冷たい空気や

強い風に

反応する場合が

あるからです。


私自身の経験を

お話ししますと・・・


南インド・ケララ州で

初めてアーユルヴェーダの浄化療法を

集中的に受けていた時のことです。


4月下旬からの約1か月で

現地では雨季が始まる

前後あたりでした。


施術後には

毎日ぺらっぺらのインド・タオルを

頭にターバンのように巻かれて

宿に帰るのですが


そのうち

雨季がやって来ました。


たいてい毎日

ビーチ沿いに並ぶ食堂で

晩ご飯を食べていたのですが


初めて大荒れの嵐のように

なった日が大変だったのです。


吹き抜けの食堂に

強い風が直接

入ってきたわけでは

ありませんでしたが


ビュービューの風の音と

何となく感じる風圧に


頭はグラングラン。


初めて入ったお店で

注文はしたものの


美味しいかどうかを

気にする以前に


食べられる気がせず


お店の人に事情を話して

注文を取り消させてもらって


すぐに帰ったことがありました。


こんなにも敏感に

影響を受けるとは


正直とても驚きでした。


帽子をかぶって

自分をケア&保護すれば


頭部はもちろん

心もほっこり


安心して

気持ち良く

お帰りいただけるかと

思います。


私は子どもの時に

どうにも窮屈に感じて


帽子をかぶるのが

好きではなかったのですが


サロンのお客さまに

お帽子をかぶるよう

お話しするようになって


毛糸の帽子やベレー帽

つばのある帽子やない帽子


いろんな帽子を

見る機会が増えて


帽子っていいなぁ


素敵だなぁ


可愛いなぁ


と見ているだけでも

何だか幸せな気持ちに

なるようになり


自分でも帽子を

かぶることに

馴染むようになりました。


実用的に役立つだけでなく


きらりと個性が輝く

ファッション・アイテムでも

あるんですよね。


気持ちが上がると

冬の寒さや冷たさの感じ方も

好意的なものに

変わりやすくもなったりします。


・・・ということで


アーユルヴェーダの

心身浄化療法を


受ける時も

そうでない時も


冬場を楽しみ


頭部を

そして自分自身をケアして

保護するためにも


お気に入りの帽子を見つけて

かぶるようにしてみて

いただけたらと思います♪

帽子.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
open:       10:00-19:00 月曜定休(祝日は営業)
posted by アーユルシンフォニー at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記