2020年01月31日

飛蚊症と瞑想

ちょっと面白い体験をしました。


ある朝、起きたら、

右目の前に


つけまつ毛のような

フワフワっとした

黒い羽のようなものが

ハッキリと見えるのです。


会社員時代に

透明なミジンコのようなものが

時には黒い点が


目の前に浮遊し

規則正しい運動パターンを

繰り返すのを見て


「これが飛蚊症か!」


と思ったのを思い出しました。


飛蚊症の原因は

ざっくり言えば

眼の中の硝子体の濁りだそうです。


今回は

それにしても真っ黒で

ハッキリとして大きいので


一瞬心配も湧きました。


悪く考えれば

とことん悲観することも

できるにはできます。


このように

まだ起こってもいない


でも、良くも悪くも

どちらにでも転んで

物質化する可能性のある


あやふやな状態を

インドでは

「マーヤ」と呼びます。


この概念を知っておくと

人生で余計に惑わされることが

少なく済むようになると思います。


想像は創造とも言いますが


マーヤという

未確定状態から


自分の思い込みや

想像で


自作自演のドラマを

つくらないためにも


今はマーヤの状態にいるのだと

まずはしっかり認識して


自分を苦しくする想像を

していることに気がついたら


その時点で想像を止めた方が

いいですね。


そうできるようになるほど

事態の深刻化を

避けられるようになるはず。


ある朝とつぜん

私の目の前に現れた

真っ黒なつけまつ毛ちゃん。


見るつもりのない映像が

勝手に上映されている気分でしたが


折角なので

とりあえず観察することにしました。


普段どおりの日常を送りながら。


そう、これも一種の瞑想だなと思って。


さて、

このつけまつ毛ちゃん。


私にとっては発見!と

言いたくなるほどの

面白さを感じたのは、


何と目を閉じても

います!


同じように動いているのです!


なんだか感動して

楽しい気分にさえなりました。


実際に物質としてないものが

見えているわけではないので


当たり前と言えば

当たり前なのかも知れませんが。


「今」に集中するから

見えてくるものもある。


「今」に集中すると

未来を不安視することも

深刻にもなることも

いつの間にか忘れていました。


飛蚊症が

瞬間瞬間を生きることの精度や

集中力を高めてくれることを


教えてくれているようにも

思えます。


まず髪を洗って

タオルドライして

ふと気づいたのは


あの、つけまつ毛ちゃんが

一本の髪の毛ほどに

なっていたこと。


眼と頭部の血流の関係を

感じました。


無常です。

すべては変化していくのですね。


その後ドライヤーで

髪を乾かし

頭皮をブラッシングします。


私は1か所につき

10回x2ラウンドを

習慣にしています。


はい!

髪の毛のような黒い線は

すっかり消えて

無くなっていました。


パチパチパチパチきらきら


狙っていたわけではなく

結果的にそうなりました。


ここで、力んで無くなれ!と

念を込めたり


引き寄せを身につけるぞ、なんて

煩悩や邪念を強化したりすると

我執も強くなりますし


実現しなかった時には

失望や不満を抱えることになりますから


何も期待せず

悲観せず


鼻歌でも歌うくらいの

ニュートラルさで


フツーに日常を過ごすのが

良いかなぁと思います。


ちなみに

ブラッシング習慣を

始めた頃にも

似たことがありました。


右眼の下の瞼が

よーく見ると


ピクピク×ピクピクと

とても小さな痙攣が


1週間以上は

続いていたと思います。


でも、たまたま

ブラッシング開始後2日目に


それが無くなっていることに

気づきました。


頭皮への刺激は

まぶたの神経を

なだめてもくれたようです。


ちゃんと見ていれば

ケアしていれば


身体も心も

最も健やかな方向へと

軌道修正していこうと

するものなのだなぁと感じます。


癒しや回復を妨げているのは

自分なのだなと


最近、瞑想する中で

気づいたことでもあります。


私たちは

自分自身の体験を通して


物事を観察し

確認することができます。


これからAIが発達・普及して

依存度が高まっていく時代の中で


自分自身の判断力と心を磨きつつ

魂として成長していくことが


時代を超えて

人という命を生きていく上で

とてもとても大切になってくると

つくづく感じています。


クラゲ.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
open:       10:00-19:00 月曜定休(祝日は営業)
posted by アーユルシンフォニー at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記