2019年11月15日

季節の対策〜晩秋から冬はヴァータ

1週間前に立冬を迎えました。


まだそれほど

寒いわけではないですが


今年は富士山の初雪も早く

すでにインフルエンザも

流行っていますね。


前倒しの変化に

私たちも柔軟に


順応することが


求められているような

気もします。


今日は晩秋から冬かけて

気をつけたい


アーユルヴェーダの

生活処方について

お伝えします。


この期間に増えていくのは

「空」と「風」の元素から成る

動きのエネルギー『ヴァータ』。


冷たい、乾燥している、

速い、軽い、硬いといった

特徴があります。


寒くて乾燥した冬には

温かく潤し、

ゆったりどっしりと

安定させていくことで

バランスを取ることが

基本となります。


冬は寒くて嫌いという人も

多いですが、


体力も


抵抗力も


消化力も


食欲も


一年のうちで

最も強くなる季節。


力がみなぎる季節であり、


生命力の基盤を

最も強化できる季節とも

言えるのです。


まずは、しっかり食べて、

そして運動すること。


どちらも大切です。


冬になっても

キューリ、ナス、

レタスなどの葉物といった

体を冷やす夏野菜や


低カロリーなもの

乾燥した物を

食べていては

健康を害します。


消化力が強い冬場に

食事量を減らすのも

身体に良くありません。


多めの食事、

ご馳走や高カロリーなもの、

脂質の摂取も

むしろ薦められています。


アーユルヴェーダでは

冬太りは夏痩せと同様

身体にとっては自然なこと、

健康的と見なされています。


部屋や衣類、寝具を

温かく整えることは

もちろんですが、


暖かい場所で

じっとしているのではなく


活動的になって

積極的に運動も

楽しみましょう。


取り込んだ栄養を

燃やして


エネルギーに

転換することで


筋力もつき


力強さと軽やかさを

生み出す

好循環スパイラルが

心身に根付いていくことでしょう。


朝は日の出前の起床がお薦めです。


『ブラフマムフルタ』

と呼ばれる、


厳密には日の出96分前から

日の出までの間に

起床するのが

特に良いとされています。


ちなみにここ藤が丘での

明日の日の出は

6:18ですから


4:42から6:18までの

1時間半ほど。


ブラフマムフルタは

創造神ブラーフマンが

働く時間。


私たちが

最も宇宙のエネルギーを

受け取り

宇宙のエネルギーと

つながりやすい時間と

言われています。


日の出が遅い冬ほど

ブラフマムフルタに

起床しやすくなりますので


ぜひ意識的に

体感してみて

いただきたいです。


冬は霊性を高めて

養うのにも

適した季節とも

言えるのです。


ヴァータが増え過ぎた時、


身体には


冷えや乾燥、


硬さや痛み、


顔色が悪い、


便秘、腹部の膨張、


体力低下が、



心理面では


悩みや不安、焦り、


気分の変動が


起きやすくなります。



睡眠が浅い、


怖い夢を見る、


疲労感が抜けないなども


過剰なヴァータのサインです。



ヴァータは軽いだけに

簡単に乱れますが、


早い段階で気づけば

回復させるのが

最も簡単な

ドーシャでもあります。


ヴァータが乱れたら

まず温かくすること。


部屋を温かくする、


温かくなるような服を着る、


温かい飲み物や食べ物をとる、


お風呂にゆっくり浸かる、


カイロや湯たんぽを

使用するのも

助けになるでしょう。


カイロは

特に冷え症なら

仙骨に貼ると良いですね。


湯たんぽは

冷えやすい太ももや下腹部、

腰からお尻を温めて


筋肉の血流を促すことで

冷え症改善に

役立つようです。


また、年末に向けて

温かいハーブオイルで

肌を潤わせる

アーユルヴェーダの

浄化療法を受けることで、


ヴァータを調節しておくのも

賢い選択です。


そして、

予定を詰め込み過ぎないように

気をつけ、


生活リズムが乱れたら

調節し直すゆとりを

確保したいものです。


眠りが浅い時には、


寝る前に温かいミルクや

カモミールティーを

飲んだり、


ラベンダーや

ローズなどの精油で

芳香浴したりすると、


心も落ち着き、


安眠の助けになります。


目や脳を刺激する

テレビやスマホ等の画面は、


できれば

就寝1-2時間前には

見るのを止めましょう。


ヴァータのバランスが

整うと、


排泄や睡眠といった

生理的なリズムも整い、


動きも軽やかに

明朗快活になります。


冬こそ、

体力・抵抗力・消化力の強さを

活かして、


最高の自分を発揮できるよう、


生命力とともに

霊性も高める基盤を

強化していきたいものですね。


温泉猿.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー

横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp

posted by アーユルシンフォニー at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月07日

幸福な人生D

アーユルヴェーダの

三大古典医学書の

ひとつ


『チャラカサンヒター』は


『幸福な人生』を

5つの点から

定義しています。


今回は最後の5つめですが、

以下にこれまでの4つも

ご紹介しておきます。


幸福な人生は

@肉体的・精神的病に冒されていない人

Aとりわけ若々しさを保持している人

B能力にふさわしい力と勇気と名誉と精力と大胆さを持つ人

C知識・学問・感覚器官の対象と力をもって生活する人

にある。


そして、5つめが


『富と楽しみを享受し、


何でもやってみることができ、


思いのままに

行動できる自由がある人』


が幸せな人生を送っていると言えると。


「そりゃあ、そんな風に

生きられたら

幸せだろうな」という

感じですね。


富とはお金も含まれますが、

私たちを豊かにする

財産や資源。


ご存知のように

日本の経済力と平均寿命は

世界トップクラスですが、


幸福度は低く、

年々下がってさえいる

皮肉な現実を思うと


富にしても

改めて真の価値を

考えてしまいます。


何が私たちの人生に

豊かさをもたらす富なのか。


活き活きとした心身の健康も


人との愛ある健全な繋がりも


喜びを感じられる仕事や趣味、

生きがいと言えるものも


双方が喜んで分かち合える社会も


技術と自然環境のバランスが

取れている状態も


私たちの人生に豊かさを

もたらす富となりえるものですね。


相田みつをさんの言葉に

『幸せは

いつも自分の心が決める』と

ありますが、


幸せの第一歩は

まず自分で自分を満たすことから

始まると思います。


そして、自分を豊かにするものを

喜んで分かち合うことで、

各自の幸せを循環させていけたら


より良い社会や世界が実現して

いくのではないでしょうか。


政治や社会システムへの

過度な期待から

失望するよりも


現実的で建設的で

ポジティブな選択を

個人ができるようになると

思います。


ただ、もちろん、

人として生きている限り

満たされない痛みや苦しみに

心が支配されることもあるでしょう。


そんな時には

セルフ・クレンジングで

心を軽くすることがお薦めです。


やり方は簡単。


必要なのは紙とペンと

20-30分位のまとまった時間。


もちろん時間は

好きなだけでOKです。


その時の状況や自分の思いなど

心の声のままにペンを止めずに

紙に書き出していきます。


頭の中だけでは

堂々巡りになりがちなことも

書いていくうちに

心が整理されていくでしょう。


気づきが起こって

スッキリする場合も

あるでしょうし、


その場ではモヤモヤが

残ってしまっても

ただ書き出すだけ書き出して

一晩寝ると

不思議と翌朝には

変化していたりします。


書いた後の紙は

ワーっとグチャグチャな線を

書きなぐって文字をかき消したり


ビリビリと破り捨てたり


火をつけて燃やしたり。


この書くクレンジングは

何度でも必要な時に、

そして自分が誕生した曜日の

前の曜日にするのも良いそうです。


例えば私の場合は

日曜生まれなので土曜に。


「書くようなこと

特にないなぁ」ってうちに

わざわざやっておけば


心に心地よいスペース、

そして余裕ができます。


恐れや不安や迷いなどは

自分自身だと錯覚しがちな心に

くっついた余計なもの。


現実ではない幻想です。


それらをちゃんと見て

キレイにすれば

悲観せずに明るい方向へと

意識を合わせやすくなり、


心配は必要なかったことも

分かります。


ただ、長い人生の中では

不測の出来事も起こりますし


魂の成長のために

避けて通れない事態が

発生したりもしますので、


意識の訓練は必要だなと

私も改めて実感する

今日この頃です。


意識のトレーニングが

できていなければ、

私たちは簡単に心に揺さぶられて

不安定になってしまう

存在なんですよね。


魂に、そしてその成長に

意識を向けていくことで


何でもやってみることができ、

思いのままに行動できる自由を

より体現しやすくなるでしょう。


すべての人が幸せな人生を

実現できますように。



紅葉.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー

横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
posted by アーユルシンフォニー at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記