2019年10月02日

浄化前の準備

秋ですね。


食欲の秋

読書の秋

芸術の秋

スポーツの秋

行楽の秋・・・


春に撒いた種が

夏にかけて育ち

実りと収穫を迎えます。


春にはどんな種を

蒔きましたか。


温度も湿度も快適で

何か新しいことを

始めるのも良さそうです。


あなたはどんな秋を

楽しみたいですか?


思いっきり楽しむための

コンディションは

整っていますか?


夏の疲れや心身の重さ、

だるさなどがあれば


アーユルヴェーダの

浄化療法で

スッキリ軽やかに

リセットしていただくのが一番


ですが!


アーユルヴェーダの

ハーブオイルを使った

浄化療法を最大限に

享受していただくには


浄化療法を受ける前に

していただきたい

基本的な生活処方が

ありますので、


今日はその

『アーマパーチャナ』

と呼ばれる生活処方を

ご紹介したいと思います。


アーマパーチャナの目的は

消化の火アグニを高め

毒素の元となる未消化物アーマを

消化すること。


ご予約のお客さまには

トリートメントを受ける

1週間前から

心掛けていただくよう

お伝えしています。


それ以外でも

週1日位のペースで

アーマパーチャナを実践すると

毒素の溜まりにくい

心身の維持に役立ちます。


具体的には次のことを

実践していきます。


◎ 白湯やハーブティー

  生姜入りの白湯を頻繁に飲む


◎ 食事量を少なめにする


◎ 消化に良いものを食べる


◎ 生姜入り野菜スープを多めに摂る


◎ 空腹を感じるまで次の食事をしない


◎ 湯船に浸かってゆっくりと入浴する


◎ 心を乱す行動を避ける


◎ 芸術に触れる


◎ 良書を読む


◎ 心の平穏を心がけ、批判的にならず、

  怒らず、貪らない


体内で消化が行われるのは

副交感神経優位の時です。


つまり

私たちが口にした食べ物は

リラックス状態の時に

消化されていきます。


逆に緊張状態の時には

消化器官は活動を

お休みしています。


ストレス下にある

緊張状態では

体はいわば戦闘モードに

入っており


心臓や筋肉、感覚器官などに

酸素や血液を供給することの方が

優先されるからなんですね。


つまり、非常事態の体は

消化活動を後回しにするわけです。


消化器官は

リラックス・モードになって初めて

安心して黙々と

消化活動に集中でき

体内にエネルギーを蓄えることが

できるのです。


ですので、

緊張状態のまま

体に消化の隙を与えずに

食べ物だけを

ドンドン放り込んで行ったら・・・


メタボまっしぐら!

ヤバイ!ということになります。


子どもの時や若いうちは

消化力も強く

活動量も多いので

蓄積されたエネルギーを

ドンドン消費しますし


新陳代謝も活発なので

睡眠中だけでも

ドンドン消化活動が

進みます。


加齢に伴い

一般的には

消化力や新陳代謝の度合いは

落ちる傾向にあるだけでなく


心配事や悩み事、考え事が増える分

消化活動を遅らせることにもなります。


アーマパーチャナの中には

一見消化とは関係なさそうな

芸術や良書に触れる行為が

薦められていますが、


心や感性を動かす

美しいものや感動的なものに

触れれば


心の目が開いて和らぎ

心身共にリラックス状態が

もたらされ、


消化も促進されることが

想像できます。


食べ物の消化だけではなく

人生の経験の消化に

役立つとも言えるでしょう。


消化の火アグニを強め

未消化物アーマを消化する

アーマパーチャナ。


アーユルヴェーダを受ける前や

「食べすぎたかな」と思ったり

「ストレスが溜まってるかも」と

思った時にも


日常のご自分のケアに

ぜひ取り入れてみてください。

オレンジ色のコスモス.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー

横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
posted by アーユルシンフォニー at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記