2019年08月15日

お盆、先祖、祈り

お盆ですね。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

ご先祖のお墓参りをするほか
迎え火や送り火を炊いたりするなど
地方によって
さまざまな風習があるようですね。

私が生まれ育った土地には
お盆のための特別な風習は
ありませんでしたが、

家庭では小さい頃に
父が病気がちだったこともあり、
日常の中で祈ることが
習慣づけられていました。

神棚と仏壇の両方がある
ごく一般的な家庭でしたが、

毎晩、寝る前には

「神さま、仏さま、ご先祖さま、
今日も一日ありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします」

と心の中でつぶやいてから
眠りに就いたものです。

大人になると、
いつの間にか
毎晩の習慣ではなくなり
頻度も減っていきました。

それでもさまざまなことを
経験しながら、

身近に亡くなる人が
増えるに連れ、

亡くなってからの方が
身近に感じる人もいることを
知るようにもなりました。

「自分は守られている」と
目に見えない「加護」を
自然に感じるようになり、

毎日の祈る習慣も
復活していきました。

感謝や祈りは
心の安定や安心、
目に見えないものに対する信頼が
自然に育っていく
行為だと思います。

さて、あなたにとって
亡くなったご家族、祖父母さま、
ご先祖さまは
どのような存在でしょうか。

こうした人たちを
実際にとても身近に
そして個人的に
サポートしてくれている存在と
感じている人は

話を聞いてみると
意外に多いです。

人類の歴史をさかのぼれば
氷河期や飢饉、戦争、病から
個人的な苦難・災難まで

私たちが想像し尽くせない
過酷な時代や状況を
生き抜いたご先祖さまたち。

何世代にもわたって
紡がれた命を見守る存在。

私たちが
ご先祖の生きた時代や状況について
理解を深め、思いを馳せて
意識を繋げていくことは

私たちの根っこに
繋がっていくこと。

それは、光の側面として
私たちに力強さや安心感
安定を与え、
私たちを支えてくれます。

グラウンディング感覚
(=地に足がついた
実質的・物質的安定感)を
養ってくれる一部にもなります。

しかし、重さや息苦しさを
感じる部分があっても
不思議ではありません。

魂が生き抜いてきた
闇の側面があったことは
否定できない事実なのですから。

光と闇に関して
インドの聖人が言った
印象的な言葉があります。

『そこに闇があるのではない
光がないだけだ』

ご先祖が生きた闇は過去であり
今を生きる私たちは
そこに光をもたらすことが
できる存在です。

特にこの週末にかけては
集合無意識的に抱えてきたものが

個人の感情として
浮上しやすくなるようですので、

内面に起こる変化を
注意して見てきたいものです。

そして、本来、自分のものではない
浮上してきた何かを
「手放したい」
「癒したい」
「変化させたい」時には

アーユルヴェーダの浄化療法で
心身そして魂をスッキリさせることを
選択肢としてご検討ください。

それでは台風の影響がある地域の方は
安全に過ごされますように。
素敵な週末をお過ごしください。

オリオン座.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp

※ お盆も平常どおり営業しております。
posted by アーユルシンフォニー at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記