2019年08月09日

命を養う3つの交流

今週末から夏休みが
始まる人も多いと思います。

毎日うんざりするほどの
暑さではありますが、

非日常を味わいながら

生命力をしっかり養って
リフレッシュする時間に
できれば良いですね。

私は思い立って
ひと足先に夏休みを取り
帰省してきました。

日常に戻って気づいたのは
自然と養われていた生命力。

振り返ると、
それは3つの交流を
通してでした。

1つめは『自然との交流』。

私は生まれも育ちも
三重県です。

海からは遠いですが、
山も川も田んぼも
割とすぐそばにあります。

空も広いです。

夜中に寝苦しくて目が覚めると
遠くでカエルの大合唱が
聞こえるようなところです。

今回は生まれて初めて
フクロウの鳴き声も
聞きました。

笛を吹くような鳴き声が
あまりにも大きくて

寝ている人を
起こすんじゃないかと
心配になるほどでした。

子供の頃にも
きっと鳴いていたのでしょうけれど…。

寝苦しいほどの暑さも
ふっとやわらぎ
空気が涼しくなる瞬間が
やってきます。

命が養われるのを
感じられる瞬間です。

夜が明ける少し前には
カエルに代わって
ヒグラシやセミなどの虫が、
それから、鳥が鳴き始めます。

何日か経つと
目をつむっていても
耳や皮膚から時間の感覚を
掴めるようになってきました。

ちなみに田舎なので
寝る前に
窓どころか網戸どころか
カーテンさえも開けっ放し。

こういうのって
贅沢だなぁと思います。

日曜には
従妹が山あいに近い
丸太づくりのカフェに
連れて行ってくれました。

日陰のテラス席には
心地良い風が吹いていたので、
迷わず外の席を選びました。

すぐ近くに高い木が茂り
目に入る緑の色も深く
心が落ち着きます。

緑を撫でながら
そよいできた風には
森林の癒し成分である
フィトンチッドも
間違いなく含まれていると
思います。

時折り
野鳥の声がエコーをかけたように
響き渡りました。

命は自然の中で
特に何をするわけでもなく
自然に受け取るうちに
養われていきます。

そして、2つめは
『人との交流』。

家族や友だちと
いわゆる旧交を温めながら
非日常を共有していくことで
自然と元気になっていきます。

気心の知れた関係が
ベースにあり

相手を通して
相手を鏡に

日常の自分を
客観的に振り返ったり
自分のエッセンスが
浮き彫りになったり。

人間的成長のための
貴重なスパイスにもなります。

また、電話やメールでは
分からないことでも
顔を見て伝わってくることもあり、

思いやりもより深く育ちます。

そして、最後は
『自分自身との交流』。

自分との対話と言うのが
適切ですが。

以前にもアーユルヴェーダでは
消化が健康やエネルギー状態を
左右する要になるといったことを
書きましたが、

休暇中のリラックスモードで
自然や人との関わりから
感じたことに関して
自分の内側で
自分自身と対話する時間を
持つことは

経験を栄養にし
生きる価値を創造することにも
つながる大切なこと。

何をどう見て
受け取り、受け入れるのか
自分らしさという
感性のフィルターを
見つめることにもなります。

自分は何者か
どんな特性をもつのか
どのような自分であることを
望んでいるのか
望んでいないのか

明確になればなるほど
望む未来を
創造できるようにもなります。

私自身は今回の休暇を通して
命が養われたこと、
そしてこの暑さをきっかけに

改めて、
母なる地球に思いを
巡らせています。

この暑さは
間違いなく人災。

今の自分に何ができるのか、
どう生きていきたいのかを
改めて自分自身に問う
機会になっています。

竹林.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp

※ お盆は平常どおり営業しております。
posted by アーユルシンフォニー at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記