2019年05月01日

ゼロに戻る

新しい元号『令和』が
始まりましたね。

今日は雨降り。

禊(みそぎ)から始まった
といったところでしょうか。

雨音は心地よい浄化サウンド。

雨つながりもありますが
令は零にも霊にも通じ
ゼロからのスタートが
連想されます。

ゼロは何もないけれど
だからこそ全ての可能性が
オープンな状態とも言えます。

和も輪→〇(マル)=ゼロ。

完全な形としての美である
マルをイメージして
調和に向かう
といったところでしょうか。

アーユルシンフォニーは
アーユルヴエーダの施術を中心に
心身浄化サロンとして
気持ちもリフレッシュに
浄化療法を提供してまいりますので
今後共どうぞよろしくお願いいたします。

さて、新しく始まった元号
そして
5月という新緑の季節。

まっさらな白いキャンバスに
自由に新しい絵を描くように
いつでもクリアでいられたら
良いのですが

現実は日々さまざまな想念が
湧いてきて

未来への不安や恐れ
忘れられない記憶などに
捕らわれることも
しばしばあると思います。

これらは自分自身を
制限する枠組となって
自分の可能性を
狭める原因になることも。

人は7歳までの経験を通して
善悪の価値基準を
形成するそうです。

子供の頃
おうちで
保育園や幼稚園で
小学校低学年の時

どんなことで
怒られたでしょうか?

どんな時に
褒められたでしょうか?

お姉ちゃんだから
妹だから
女の子だから
ああだから
こうだから

・・・と、人は小さい頃から
けっこう色んな理由付けのもとに
「しつけ」られてきました。

それにより
今でも
「こうするといけない」
「ああした方がいい」という
ルールや

「こうするとああなる」と
いった方程式を

かたくなに保持していることって
ないでしょうか?

もしかすると
記憶にさえ残っていない出来事が
影響していることもあるかも
知れません。

母親など身近な人から
「小さい頃、こんなこと
あったよね」などと聞いて
ドキリとしたことはないでしょうか?

個性的であることが
プラスに働いたことも
マイナスに働いたことも
あると思います。

そして、知らないうちに
人や社会から与えられた
ルールや方程式を

今度は自分自身が
インナーアダルト
=内なる大人となって

自分自身の
インナーチャイルド
=内なる子どもを
抑圧/コントロールするように
なったりします。

それを外側の人間関係にも
投影して
さまざまな批判を
繰り返したりもするのが
人の現実です。

この自動操縦状態に
はまっていることにまず気づく。

止める。

そして、何もない静けさという
自分自身の純粋さに戻っていけば
自然と自分らしく
のびのびとした自由な発想と行動が
無理なく生まれてきます。

記憶は水を媒体に体内に
貯えられていると言われます。

体内の60-70%が水分ですから
水分代謝はとても重要ですね。

体内の水分は
血液やリンパだけでなく

筋肉や骨にも含まれています。

そうした体内の深い部分からも
しっかりと水分という物質と共に
記憶というエネルギー代謝も
させていくアーユルヴェーダの浄化療法。

新しい時代の始まりに
自分自身を整えていきたい方に
お薦めです。

水滴.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp

※ ゴールデンウィークも通常どおり営業しております♪

続きを読む
posted by アーユルシンフォニー at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記