2019年05月09日

3つの精神状態をチェック♪

アーユルヴェーダでは
私たちの精神状態を
次の3種類に分けて
捉えています。

1.ラジャス(激性、動性)
2.タマス(暗性、惰性)
3.サットヴァ(純粋性、純意識)

こうして並んだものを
見ただけでも
「3つめのサットヴァがいい!」
「ずっとその状態にいたい!」
と思うかも知れませんが、

私たちが生きるためには
この3種類すべてが
いわば必要で

ひとつの状態のみにとどまることは
むしろ非現実的で不可能なこと

・・・ではありますが

やはり、サットヴァの状態が多いほど
幸福感や健康度が高くなることは
間違いありませんし

魂を輝かせるような
有意義な人生を送るためにも
サットヴァを意識する
といった方向性は
明確に持ちたいものです。

それでは3つの精神状態を
詳しく見ていきましょう。

1つめのラジャスは
行動的で
活動的な時の
精神状態です。

この状態が過度になると
「あれもこれもやりたい」
「あれもこれもやらなきゃ」と

感情的・感覚的享楽を求めたり
焦燥感が増したりします。

これまでの消費社会は
刺激や興奮により
ラジャスを増強する方向にあったため

心の不安定さや
落ち着きのなさを助長し
執着や苦悩を
生み出してきたとも言えます。

メタボの原因にも
なっています。

2つめのタマスは
怠惰な状態です。

惰眠をむさぼる
飲食や世間話にふけるなど

より低次の欲求を満たすことに
とどまる不活発な精神状態です。

理解力や
集中力、
創造力にも欠けますし

残忍さが隠れて
宿ることもあります。

意識的に生きていない場合
先のラジャスの反動として
タマスが起こり

この2状態
=興奮と落ち込みを
ただ行ったり
来たりしているうちに

人生が無為に
過ぎていくことにも
なりかねません。

その反復から抜け出る
状態でもある

3つめのサットヴァは
ゆったりと穏やかで
冷静
満足した精神状態です。

自らの内側から
智恵も湧いてきて
真実を語り
調和を実践できる状態です。

イメージとしては
泥池にあっても
凛と咲く蓮の花
といったところでしょうか。

生きる場として
与えられた
避けられない環境である
泥池を嘆かず

そこから
必要な養分という学びを
吸収して

自らの純粋さを
花咲かせる姿は
無言の教師とも言えますね。

もちろん、私たち人間は
幸い、生きる環境を
自由に選択できるわけですから

凛と生きつつ
学ぶことを学んだら
環境を変える自由を
実践するのも
生きる知恵であり
勇気であり

それが人にとっての
サットヴァの状態と
言えます。

私たちが日常を生きる中で
「いったい私は今
3つのどの精神状態に
いるんだろう?」と

たびたび自分自身を
見つめてみるだけでも

人生の質は
変わり始めるかと思います。

そして

「ラジャスを鎮めて
穏やかなりたい」

「タマスから抜けて
自分らしく輝きたい」

「もっとサットヴァな
私を生きてみたい」

といった方から

「理屈だけでは
現実がなかなか変わらない」

といった方まで

アーユルヴェーダの
浄化療法、

中でも

額にハーブオイルを
垂らして頭部を浄化する
シロダーラを

受けてみると良いでしょう

スイレン.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp
posted by アーユルシンフォニー at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月01日

ゼロに戻る

新しい元号『令和』が
始まりましたね。

今日は雨降り。

禊(みそぎ)から始まった
といったところでしょうか。

雨音は心地よい浄化サウンド。

雨つながりもありますが
令は零にも霊にも通じ
ゼロからのスタートが
連想されます。

ゼロは何もないけれど
だからこそ全ての可能性が
オープンな状態とも言えます。

和も輪→〇(マル)=ゼロ。

完全な形としての美である
マルをイメージして
調和に向かう
といったところでしょうか。

アーユルシンフォニーは
アーユルヴエーダの施術を中心に
心身浄化サロンとして
気持ちもリフレッシュに
浄化療法を提供してまいりますので
今後共どうぞよろしくお願いいたします。

さて、新しく始まった元号
そして
5月という新緑の季節。

まっさらな白いキャンバスに
自由に新しい絵を描くように
いつでもクリアでいられたら
良いのですが

現実は日々さまざまな想念が
湧いてきて

未来への不安や恐れ
忘れられない記憶などに
捕らわれることも
しばしばあると思います。

これらは自分自身を
制限する枠組となって
自分の可能性を
狭める原因になることも。

人は7歳までの経験を通して
善悪の価値基準を
形成するそうです。

子供の頃
おうちで
保育園や幼稚園で
小学校低学年の時

どんなことで
怒られたでしょうか?

どんな時に
褒められたでしょうか?

お姉ちゃんだから
妹だから
女の子だから
ああだから
こうだから

・・・と、人は小さい頃から
けっこう色んな理由付けのもとに
「しつけ」られてきました。

それにより
今でも
「こうするといけない」
「ああした方がいい」という
ルールや

「こうするとああなる」と
いった方程式を

かたくなに保持していることって
ないでしょうか?

もしかすると
記憶にさえ残っていない出来事が
影響していることもあるかも
知れません。

母親など身近な人から
「小さい頃、こんなこと
あったよね」などと聞いて
ドキリとしたことはないでしょうか?

個性的であることが
プラスに働いたことも
マイナスに働いたことも
あると思います。

そして、知らないうちに
人や社会から与えられた
ルールや方程式を

今度は自分自身が
インナーアダルト
=内なる大人となって

自分自身の
インナーチャイルド
=内なる子どもを
抑圧/コントロールするように
なったりします。

それを外側の人間関係にも
投影して
さまざまな批判を
繰り返したりもするのが
人の現実です。

この自動操縦状態に
はまっていることにまず気づく。

止める。

そして、何もない静けさという
自分自身の純粋さに戻っていけば
自然と自分らしく
のびのびとした自由な発想と行動が
無理なく生まれてきます。

記憶は水を媒体に体内に
貯えられていると言われます。

体内の60-70%が水分ですから
水分代謝はとても重要ですね。

体内の水分は
血液やリンパだけでなく

筋肉や骨にも含まれています。

そうした体内の深い部分からも
しっかりと水分という物質と共に
記憶というエネルギー代謝も
させていくアーユルヴェーダの浄化療法。

新しい時代の始まりに
自分自身を整えていきたい方に
お薦めです。

水滴.jpg





アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー
横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp

※ ゴールデンウィークも通常どおり営業しております♪

続きを読む
posted by アーユルシンフォニー at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記