2019年02月21日

最高のパフォーマンスには〇〇の休息!

あなたが最高のパフォーマンスを

発揮したいのはどんな場面でしょうか?


最高のパフォーマンスが発揮される時、

筋力や集中力など適切なタイミングで

適切なところに適度な力が入ります。


いざという時に

ちゃんと力が発揮できるようになるには、


その道の訓練と同じくらいに

普段から十分にリラックスできていることが

カギです。


リラックス状態とは、

頭の先からつま先まで体中の血管に

十分な酸素が行きわたり、

最高に燃やせる状態とも言えます。


例えばリラックス状態を作るために、

スポーツ選手たちはガムを噛んだり、

寸前まで好きな音楽を聴いていたりします。


常に緊張していたら、

いざという時に

最適な状態の力を入れるのが

難しくなるからですね。


スポーツ選手でなくとも、

現代社会では

長時間の集中力や極度の緊張を

強いられる場面も多く、

私たちは知らない間に

余分な力を入れてしまう癖が

ついてしまうようです。


寝ている間の緊張は、

歯ぎしりや顎関節症の原因にもなります。


「力を抜いて」と言われても、

「自分では力が入っているのか分からない」

「どう力を抜いたらよいか分からない」

という声もよく聞きます。


普段から無意識に力が入っているのが

普通になっていると、

力が入っていること自体が

分からないものなのです。


筋肉の緊張状態を弛緩させるのは

比較的簡単です。


アーユルシンフォニーのヨーガ療法でも

指導させていただいていますが、

まず深い呼吸をして準備を整え、

手、腕全体、足の指など、

一度ぎゅっと力を入れて、パッと離す。


こうすることで緊張と弛緩の状態の

『落差』が分かるようになります。

セルフコントロールの初めの一歩、

大きな一歩と言えます。


こうした訓練をこつこつと積んでいければ

理想なのですが、

もっと手軽に、

そして、

うんと深いリラックス状態に入るには

額にハーブオイルを垂らすシロダーラが

お薦めです。


額には第三の目(サードアイ)とか

第6チャクラと呼ばれる霊眼があり、

ここがクリアになると直観が働き、

真実を見抜けるようになると

言われています。


額の奥にある前頭葉は

感情をコントロールする部位の脳ですし、

頭頂にある百会というツボ以外にも

頭皮にはたくさんのツボがあります。


シロダーラでは、

それらの場所にハーブオイルが流れ、

脳のリラックス、浄化を促していきます。


シロダーラ中の脳波は、

うとうとと居眠りをしている最中に出る

シータ波になると言われています。


寝ているような、起きているような、

夢を見ているようでもあり、

現実的な考え事をしているような感じが

したりもします。


私が初めてインドでシロダーラを

受けた時には、

自分では意識をハッキリ

保っていたつもりでしたが、

「牛が〜、馬が〜」と脈絡のない思考が

流れていき、

後でやっぱり半分寝ていたのかもと

感じたのを覚えています。


人によっては懐かしい場面や人など

とても鮮明でリアルな映像が出てくる方も

いらっしゃるようです。


シロダーラでは、変性意識と呼ばれる

意識状態を味わうことで、

不要な緊張や思い込みから解放され、

使われずに眠っている潜在能力を

発揮しやすい状態に入りやすくなるとも

言われています。


普段から考えすぎて

思考がいつもグルグル回っているのを

何とかしたいといった方から、

人前で話したり踊ったりなど

「ここぞ」という場面で

最高の自分を表現したい方まで、

シロダーラで眠る可能性の扉を

開けてみませんか?


dhara1.jpg

脳の休息シロダーラ






アーユルヴェーダ・サロン アーユルシンフォニー

横浜市青葉区藤が丘1-31-12 トゥルース205
tel & fax:  045-972-6785
email:      ayur_symphony@yahoo.co.jp

posted by アーユルシンフォニー at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記